何を見ても何かを思い出す

自分用映画と本と日常メモ。ブログ名はヘミングウェイの短編から拝借。だいたい何を見ても何かを思い出すので。

キャロル

飯田橋ギンレイホールで「キャロル」「リリーのすべて」の二本立てを見てきました。 本当は六本木でやっているジブリ展を見てから行くつもりで、見るのも(時間的に)キャロルだけにする予定だったんだけど、ジブリ展がまさかの2時間待ちだったので、もうあきらめて2本立てをそのまま見ることにしました。結果、まあそれなりに良かったよ。

「とにかくケイト・ブランシェットの背中がやばい!!」とネットで読んでおり、しかもルーニー・マーラがまたもやレズ役(ドラゴンタトゥーの女・サイドエフェクトに続く)ということもあって、完全にビジュアル優先の期待を持ちつつ挑んだわけだけど、その点では最高だったな。ケイト・ブランシェット、抱かれたいです。

10秒で分かるあらすじ

f:id:yanagawahoru:20160904235520p:plain

出典:映画『キャロル』公式サイト

裕福な主婦(離婚しそう)なキャロルと写真家希望のフリーター・テレーズが会う→お互い一目惚れ→いろいろあって旅に出る→実は探偵を雇っていた夫にセックスしてるところを盗聴されてる→娘の親権取られそうに→キャロル、テレーズの元から去る→いろいろ一段落してテレーズに一緒に住んで欲しいという→断られる →がしかし・・・?

 

みたいなところで終わりましたね。

ケイト・ブランシェットの素晴らしさ

f:id:yanagawahoru:20160905000201p:plain

出典:fashion press

まずはなんといってもケイト・ブランシェットが素晴らしかったです。私はどちらかと言えばルーニー・マーラのファンで、ルーニー・マーラを見に行ったみたいなところありましたが、今回に限っては完全にケイト・ブランシェットの圧倒的存在感でマーラが霞んで見えたほど。ケイトのあの目に見つめられたら、私もたぶん旦那をおいて一緒に旅にでます。

 

そして前評判で聞いていたその背中。細くて綺麗、とかじゃないんだよね。とにかくたくましいのです。筋肉隆々ってわけじゃない。でも思ったよりもずっと広くて、適度に堅くまた適度に柔らかそうで、肩のまわりの肉が動く様子が、まるで彫刻のように芸術的なのです。

遠くから見るバレリーナの身体がとても繊細なように見えて、近くで見ると野性的なまでに鍛えぬかれているように、人間の美しさと生命力にに気付かされる。女性のヌードというだけではない何かが彼女の背中にはある、そんな背中でした。見ると思わずはっとしてしまう、あの背中を見るだけでこの映画の価値がある、と私は思います。

同性愛の物語、というだけでない普遍性

視線の送り方

ひとことで言うと、映画「キャロル」テレーズとキャロルという女性二人の恋の話です。

女性二人、だから同性愛というところに注目が行きがちですが、それ以前にこれは恋の話なのだと私は思いました。とにかく、一目惚れの描き方が秀逸でした。 今回のケイトは背中だけではない、その目、眼差し、視線の送り方もとにかく素晴らしいの一言でした。これに関しては、ルーニー・マーラも同じく素晴らしかった。視線だけで、恋の始まりと終わりと、それからの関係が表現されていると言っても過言ではなかったです。

 

混雑しているデパートでキャロルを見つけたテレーズと、そのテレーズを見つめ返すキャロル、すでに二人はその時点で相手が自分の「特別」であることを認めているし、その時点で恋はもう始まってしまっている。これは別に相手が同性だろうがなんだろうが変わりないことで、そういう一目惚れをものすごく分かりやすく、共感できる形で映像化していると感じました。一目惚れをしたことがある人なら分かるはずです、ああもう始まってしまったんだということが。

 

車に乗り込んだテレーズの視点で見るキャロルの横顔、その間に挟まれる、おそらくキャロルの視線でのテレーズの横顔、お互い目の端で(あるいは正面から)お互いのことを観察しあっている、どうしても目線を向けてしまうしそらせない、という映像が続くんですが、その映像は鮮明ではなく、かなりぼやけている。なんなら音もぼやけていて、話し声はほとんど聞こえない。でも恋ってそういうもんだ。浮かれている。

 

その時点では視点はテレーズなので、この浮かれ方はテレーズの浮かれ方なわけです。テレーズにとってキャロルは、これまで自分の人生では出会ったことがないようなゴージャスな、別世界の人間。そんなキャロルが、どうやら私のことを好きっぽい(一目惚れ同士って、相手が自分のことをどう思ってるか、かなりの精度で分かるものだよね)となれば、それは浮かれます。そういうテレーズの浮かれ具合とかがすごく上手に撮られているなと思いました。

テレーズの失恋・それでもキャロルに向かってしまう終わり

私が一番「最高です!!」と思ったのはラスト。

 

娘の親権を取り戻すために一旦テレーズから離れたキャロルはしかし、本当の自分を受け入れた上で生きるために親権をあきらめ、面会権を要求することで夫との争いを終えます。その後、テレーズに連絡を取り、「一緒に住んでくれないか」と頼みます。あのゴージャスで、別世界の人のように美しく気高い彼女が、頼むわけです。

 

しかもこのときテレーズはかなり冷たい態度でその依頼を退けるの。まあそれはそうだよテレーズはキャロルに置いていかれてすごく傷ついたんだもん。だからまあ言うたら下克上みたいな感じなわけ。実はキャロルこそがテレーズを求めていたのだ、ということがここではっきり分かるわけ。こういうのに弱いから、もう最高って叫びそうになった。

 

とにかくケイトが最後まで最高なのだ。怯えていてでも少し期待していて、やっぱりだめそうだと分かったときには絶望してでもそれを表に見せないようにものすごい努力をしていて、しかも去り際ぐらいはスマートに去りたいと思っていて、気丈にそう振る舞う。こういうのって体験したことある人いると思うけど、それがもうものすごくリアルで愛おしい。本当に素晴らしい。もうもう萌えでした。

メモ

ほかに思ったことは、実はちょっと筋が破綻してるけどまあ気にならないよねとか、ケイトが着てたグリーンのセーターはきっとジョン・スメドレーとか、私はけっこうあの時代のブラジャーの形が好きとかそういう細かいことをつらつらと。オールタイムベストにはならないとは思うけど、十分良い映画だな、という感じです。

思い出したこと

あの時代のブラジャーの形、というところで、バック・トゥ・ザ・フューチャーで女の子が「こんな形のブラジャーなんて」っていうところをなんとなく思い出した。私はこの時代の、広めに突き出たかたそうな感じのブラジャーの形が結構好きだ。時代でブラジャーの形はかなり変わるけど、あの時代のブラジャーはひと目見ただけで分かるね。